中高年転職サイト|まるわかり活用法ガイド

*

途中入社だから注意しておきたいこと

      2016/01/25

職場で良好な人間関係を築くために

 中高年の転職で、企業が求める成果をあげるためには、職場に良好な人間関係を築き、組織で仕事に取り組める環境づくりが不可欠です。とはいえ、中高年でしかも役職者としての採用だった場合、既存社員の感情は、必ずしも歓迎ムードとは限りません。

 だからこそ、成果のためにいきなり自分流の進め方をするのではなく、まずは社内や社員を冷静に観察し、誰とどのように関わりながら仕事をしていくべきなのかを、しっかり見極めることが不可欠です。まずは転職先のルールやシステムを理解すること、できるだけ多くの社員と関わる機会を設け、仕事をするうえでキーマンとなす人物を探すことを、意識してください。

挨拶で失敗しないために

 人間は、初対面の相手に対しての第一印象が、その後の関わりに大きく影響するものです。だからこそ、入社初日の挨拶が肝心なのです。

 入社初日の挨拶は、長いスピーチにならないよう、1分半程度を目安に、自分の氏名と前職、今後の抱負を話すのが基本です。

 このとき、前職やそこでの実績を自慢げに語ると、その後の社内の評判を落としかねませんので、あくまで謙虚な姿勢で、必要なことを最小限話すのにとどめましょう。

【関連記事】
退社の手続きについて
入社の手続きについて
あなたが合わせることで、転職後、いち早く職場に溶け込むことができます
ほんの少しの工夫や先回りで会社からの引き止めをかわすことができます

 - 退職・入社について

  関連記事

ほんの少しの工夫や先回りで会社からの引き止めをかわすことができます

気持ちが変化しないことを早い段階で伝える  退職したいと申し出る、すぐに引き止め …

退社の手続きについて

退社にはさまざまな手続きが必要  中高年が退社する際、業務の引き継ぎを十分に行っ …

入社の手続きについて

労働契約内容を確認する  内定の連絡がきたら、入社を正式に承諾する前に、きちんと …

あなたが合わせることで、転職後、いち早く職場に溶け込むことができます

あなたは使う側?使われる側?  中高年は、社内での立場が人によって大きく変わって …