中高年転職サイト|まるわかり活用法ガイド

*

転職サイトの定義とは?

   

①転職サイトとは?
 中高年の転職活動でも、転職サイトの活用がセオリーとなっていますよね。では、転職サイトの定義を、みなさんは知っていますか?転職サイトとは、求職者が自分で登録し、サイト内で応募したい求人を自ら探して、エントリーします。
 
 応募書類の作成や面接日の調整なども、すべて一人で行うことになります。企業側から見ると、広告費を払って求人情報を掲載してもらい、応募者を待つというしくみになっています。とはいえ、転職サイトのサービスはとても充実しています。
 
 画面にそって入力をするだけで職務経歴書が作成したり、そのレジュメの内容をチェックできるツールが搭載されていたり、自分の経歴を匿名で登録しておくことで、企業からのオファーを待てるスカウトサービスもあります。
 
 また、転職の希望条件を登録しておくと、定期的にマッチする求人が送られてくるなど、在職中に転職活動を行うひとには便利です。


②転職サイトを利用するときの注意点
 転職サイトの数が増え、そのサービス内容も広がりを見せているので、中高年に合ったサイトを選ぶ必要があります。まず、「総合サイト」と言われる、大手企業が運営する転職サイトは、全国各地のあらゆる業種・職種の求人情報が集まっています。リクナビやマイナビが有名です。
 
 近年は、特定の業種や職種に照準を合わせた求人を取り扱う転職サイトも増えています。IT系や医療系、女性の求人に特化したものなどもありますので、自分に合ったサイトを探してみるとよいでしょう。
 
 また、中高年を主な対象にした、ハイクラスやエグゼクティブクラスの求人を扱うサイトも増えてきているので、検索をかけることをおすすめします。

 とはいえ、転職サイトはあくまで情報提供の場であって、登録したから安心というものではありません。応募したい求人を見つけた後、その企業の研究や分析を行う資料を探したり、企業と自分のマッチポイントを探して応募書類を作成したりするのは、自分一人で行うことになります。
 
 大手の転職サイトであれば、企業説明会やセミナーを行うこともあるので、業種や職種に特化したサイトと併用して、一つでも多くの情報を入手しながら、転職活動に活かすとよいでしょう。

 - 転職サイトの活用方法

  関連記事

af0100003841l[1]
転職エージェントを活用して転職活動

①転職エージェントとは?    中高年が希望の転職を果たすのに、有効だと考えられ …

af0100007253l[1]
ウェブエントリーの注意点

①ウェブエントリーで多いミスとは?気をつけたい注意点  中高年が転職サイトで見つ …