中高年転職サイト|まるわかり活用法ガイド

*

転職エージェントを活用して転職活動

   

①転職エージェントとは?
 
 中高年が希望の転職を果たすのに、有効だと考えられるのが、転職エージェントの活用です。転職エージェントは、転職支援を行う人材紹介会社のことを言います。
 
 転職エージェントには、転職サイトではお目にかかれないような非公開求人や独占求人が多く、中高年を対象にした管理職採用、ハイクラスやエグゼクティブなどの求人も豊富にもっています。

 求職者が転職エージェントに登録すると、専任のキャリアコンサルタントが付き、カウンセリングを通して転職の相談ができたり、キャリアプランにアドバイスをもらえます。自分の今後のキャリアに悩んでいるひとなら、相談にのってもらうことも可能です。
 
 プロに相談したことで、これまで培ったスキルやノウハウが活かせる、異業種への転職を勧められることもあり、幅広い視野で転職活動を行うことができます。また、登録者とのカウンセリングで強みや志向性を理解したうえで、マッチする求人を紹介してくれるだけでなく、応募企業に合った書類の書き方や面接のアドバイスをしてもらえます。
 
 そして見事内定が出た後も、給料の交渉や入社日の調整を、転職エージェントが行ってくれるので安心です。全国の求人を網羅する大手と、求職者の希望に合わせて転職先を探してくれる中小と、それぞれ特徴がありますので、下調べをしてから登録するとよいでしょう。


②転職エージェントを利用するときの注意点
 
 転職エージェントを利用するときの注意点としては、登録してカウンセリングをしたからといって、任せ過ぎないようすることです。
 
 また、キャリアコンサルタントも人間ですので、きちんと履歴書や職務経歴書を用意し、自己分析を行い、キャリアプランが明確なひとには誠意をもって対応しますが、エントリーシートが雑だったり、自分で転職先を探そうという意欲に欠けるひとのためにはがんばらないのが現実です。
 
 大手の転職エージェントだと、キャリアコンサルタント一人が抱える求職者は100名を超えると言われています。その全員が希望の転職が叶うわけではないという現実を、しっかり認識しておく必要があります。
 また、担当のキャリアコンサルタントの相性が悪いと、思うように活動が進まないというデメリットもあります。1社に絞り込むことなく、複数を併用するようにしましょう。

 - 転職サイトの活用方法

  関連記事

af0100007253l[1]
ウェブエントリーの注意点

①ウェブエントリーで多いミスとは?気をつけたい注意点  中高年が転職サイトで見つ …

af0100000757l[1]
転職サイトの定義とは?

①転職サイトとは?  中高年の転職活動でも、転職サイトの活用がセオリーとなってい …