中高年転職サイト|まるわかり活用法ガイド

*

転職に必要な5つの流れ

 年齢的にも焦りがちな中高年の転職希望者ですが、そうした気持ちだけで走り抜けようとしても上手くはいきません。中高年だからこそ落ち着きのある、且つ、正確な転職活動を心がけましょう。

 特に落ち着きを見せたい部分はどこか、確認しておいてください。

先入観を排除したい転職準備

 まず落ち着いて行いたいのが、転職の準備です。落ち着かなければ冷静な分析や研究が行えません。ここでは先入観をできるだけ排除し、正しい見方によって答えや目的を見出しておきましょう。

 準備万端の状態は、それができてこそ整うものなのです。

【参考記事】
転職の目的をどう置くか
自分の市場価値を客観視する
転職活動は在職中か退職後か

求人をチェックする時のポイント

 求人情報の集め方によっては、まだまだ需要があることに気付くはず。中高年が意識したいのは、情報量を増やすことと、求人ひとつひとつの精査を怠らないこと。もちろん落ち着きながら。

 それによって自分を求めている求人を見つけることができ、失敗を防ぐことにも繋がるでしょう。

【参考記事】
求人情報媒体を知る
転職エージェントを知る
転職サイトのスカウト機能を知る

応募書類は手を抜かないこと

 職務経歴書に力を入れがちな中高年。それはそれで力を入れておきたいのですが、履歴書の存在も実はとても重要。

 自分の基本情報が詰め込まれているため、職業に直接関係がない部分も手を抜くわけにはいきません。手を抜くと必ず見抜かれてしまうので要注意です。

【参考記事】
履歴書で見られるポイント
職務経歴書で見られるポイント
履歴書や職務経歴書の書き方で悩んだら

練っておきたい面接時の回答

 転職に関する質問を幾つかされるであろう中高年。転職の理由や志望の動機、それらを年齢とリンクさせ、相手を納得させるだけの答えを用意しておきましょう。

 理想は高いけれども中身がない、そんな答えにならないよう、練りに練っておきたいところです。

【参考記事】
面接でよくある質問とは
逆質問をどう使うか
面接対策の進め方
最近増えてきている圧迫面接|その意図と対策を考えます

誠意を持って取り組みたい退職活動

 転職の前に終わらせておく必要のある退職。これが意外と厄介もの。「もうお世話にならないから」ではなく、「これまでお世話になったんだから」という気持ちでこの作業に向かい合わなければいけません。

 この退職作業こそ落ち着きを持って取り組むべきです。

【参考記事】
退社の手続きについて
入社の手続きについて
途中入社だから注意しておきたいこと
あなたが合わせることで、転職後、いち早く職場に溶け込むことができます
ほんの少しの工夫や先回りで会社からの引き止めをかわすことができます

公開日:
最終更新日:2016/01/25